エタバト放浪記 1


●その1 アンデット軸●
どもどもふるめたですー。
突発的に警戒すべき点とか、
記入して、後に考案したいコンボや即効性があったので
掲載してみます。

()は、サルベージやサーチが利くカードを含めた、コンボ達成のための
デッキ最大投入率です。 終末(6)は、増援3枚、終末3枚を含めて6

1 終末の騎士(6)→キャリア(3)→緊急テレポート(3)→ブリューナク→ダムド(2

2 終末の騎士(6)→ゴブリンゾンビ(3)→生者の書(4)→宝札(2)→緊急テレポート(3 


先ほどエタバトで戦いをしていたんですが、
上記2つのコンボを後攻1ターン目で狙撃され、敗北しました。

デッキのスピード…が遅いのもあると思われますが、
おっそろしいほど圧倒的です。
サルベージに持ち込む暇もないほどでした。

雲もある程度の寒波ダムドとかには勝てるようになって来たのですが、
如何せん展開力の遅さを付かれるとネックになります。


一個一個、デッキを考案して分析していこうと思います。
上記デッキに入っていると思われるカード一覧

クリッター
緊急テレポート3
クレボンス3
貪欲1
ゴブリンゾンビ3
ゾンビキャリア 2〜3
馬頭鬼3
ゾンビマスター2〜3
生還の宝札2
ダムド2
サイクロン
ミラーフォース
激流葬
大嵐
神の宣告3
異次元からの埋葬1〜2
ネクロガードナー 1〜


デッキの約半数はほぼこれらだと思います。
10戦してみて、展開されたカード群です。

今まで色んな戦い方を変えて戦ったんですが、

逃げる→ゴブリンゾンビを展開して大量除去を避けつつ攻撃してくる
    (キロスタスでゴブリンゾンビ破壊している内にコンボ炸裂→敗北)

攻める→緊急テレポート軸で、ゴヨウブリューの二者での連続攻撃


     攻撃力の低さがネックになりすぎです。うわーん!!(´;ω;`)


やっかい極まりないデッキですな><;
恐ろしいのが、此方がラッシュをかけてとめられない部分です。


アドバンテージを失わないゴブリンゾンビをしつこく
チューニングして迎え撃ってくるため、
ジリ賓になったところで馬頭鬼からのラッシュが来ました。


この環境をいずれも打破するためには、除外軸クラウディアンを牽引
していかないといけないと思いました。


ただ、問題は相性が最悪な点です。
サルベージうてなくなると、戦闘面で不利この上ないです。
また、多くのデッキを大いにメタってしまうため、
駆け引きが一方的になる可能性があるのが除外なんですよね><;

今の作成する条件は、


○上記コンボの流れを止めること
○除外軸、

 及び特種召喚メタ軸をサイドに移行し、極力それ以外で構築し、勝利する
 形を見つけ出すこと

ただ、生半可なロックをしかけようとしても
豊富なアドバンテージを得ながらシンクロを展開してくるデッキですので、


サンダーブレイクや賄賂、神の宣告が雨のように飛んでくるはずです。
さらに奈落の落とし穴、幽閉も考慮してデッキを組まないといけません。


カンペキに罠を封じる戦術が緊テレブリューで封印されるため、
罠を封印するのが不可能な環境です。


よって
○上記コンボをとめるスピードやメタの展開(一つでも封印出来ないと即敗北
○豊富なカウンター罠を回避する(一枚一枚が戦術を覆せるように、
 1:1以上の交換を目安にしたカードを投入)
○全体に対する除外軸、
 特種召喚軸封印禁止(相手のデッキの全力を見るため&雲が死んじゃうため)
○相手のターンでより行動できるように、そしてカウンターできるように組む
 (オーダー、旅人の試練が現環境まったく約に立ちません。
  罠の構造を変える必要性あり バトルフェイズ関連をトリガーとする
  カードがダムドブリューで死に札に変わるので、フリーチェーンで組みなおす)



これらを考慮しアタックラウディアンの形を維持しつつ、
デッキを再度組みなおそうと思います。


メタ軸はあるが、それをやると雲である必要性がなくなる。
そこを妥協せず、粘りづよくデッキ考えてみます。


やっぱ嫁をメインから投入していくしかない…か?


ああ、ほんと恐ろしい環境になったものだ;;
粘る時間すら与えてくれないとは…!やってくれる!!
このままではオフにフルボッコされるかもしれないですので、

いやーん


とりあえずかなり大幅にシンクロダムドアンデットが規制されないことには
この環境の天下は続くと思います。良い方向にも、悪い方向にも。


それらを含めて、あと半年、この環境を乗り越えていこうと思います。
あきらめたらそこで試合終了ですよ!


昔はここで、自分も対抗して流行デッキを作成してました。
でも、今は違います。
今は雲にすべての可能性と知識と経験を注ぎ込み、洗練します。
一デュエリストとして!雲を愛し続けるっ!

放浪記 2 へ