雑談9


●闇のゲーム様との座談会●
語りたいことは多すぎてまとめきれないです。

本家の方々と
出会い、そして語り合い、お別れするとき、本当に心より感動し、涙が出そうでした。


遊戯王は昔からしていました。始まりは些細な原因だったと想います。
当然そのころは、世界に散らばる多くのデュエリストのことは知りませんでした。


対戦するのは身内だけであり、しかもルールもメチャクチャ。
カードもありあわせのものしかなく、とても戦いにならない。


しかしながら楽しかったです。青春時代、周りにカードをやっている人がいなくても、
罵倒されてもそれでもやっぱり遊戯王が好きでした。


一度やめたこともありましたが、それでも復帰して今に至るあたり、
人生において大きな影響を受けたことは確かです。


そして年月は過ぎ、大学で再び友達ができ、遊戯王で語り合うこともありました。
ここまでくると、後は本当に好きなもの同士が集まっていました。


数多くの戦いを繰り返すと、その人のカードへの考え方がわかります。
大学卒業にあたり、本格的に遊戯王をする相手もいなくなる。

その寂しさもあったのかもしれません。


そのときに、ある動画に出会いました。
闇のゲーム様、そして普通のデュエル様です。


言い知れない感動がありました。そして衝撃を受けました。
他人のデュエルを見ることの楽しさがわかりました。

同時に戦ってみたいとの欲望もありました。


何より、彼らの動画には、『本当に遊戯王が大好きな人』が存在していました。
全国の同じ意見を持ったもの同士で語り合うことが出来、そして触れ合っていくうちに
自分のデュエリストとしての魂が奮い立たされ、デュエルする楽しみがさらに増しました。

動画を見た人は全員同じ意見だと想います。




そして動画を撮り出して、今に至りました。




最大の感謝、感動の元、この座談会を撮らせていただきました。

どのようなことがあろうとも、この瞬間は永遠に私の中に刻まれると想います。


彼らはデュエルの新しい楽しみを作り上げてくださいました。
普通のデュエル様は、より新しい戦術と楽しさを魅せてくださいました。
他のデュエル動画様も、『それぞれの楽しみ方』を魅せてくださいました。





昔カードを始めたときの記憶、楽しさ。




それを全国で共有し、刺激しあえる場を、闇のゲーム様は作ってくださったのだと想います。
よりデュエリスト同士が楽しめ、交流できるようになりました。

自分の人生の一部である遊戯王、それを目いっぱい表現させていただけたと想います。
私のデュエル動画として、悔いはありません。


あとは終了まで、全国のデュエリストとどれだけ交流し、戦えるかです。


価値とは考え方であり、考え方は可能性を生む。そして気づく。可能性は時間だと!
残された時間は短いですが、やれることはまだまだあるはず!


最後まで燃え尽きて見せます!
本家の皆様、ありがとうございました!!!


いずれ機会があれば、また!
ガッチャ!!!楽しいデュエルだったぜ!