効果音に定評のある普通のデュエルした part6


●今回の戦いの流れ●
今回は私の家にバチカンさんが遊びに来てくださいました(`・ω・´)!
一回戦は弥生さんとバチカンさんの戦いです。バチカンさんは東方の魔理沙を意識した
デッキでした。魔理沙は魔法使いの少女で、☆や高威力のビームを意識したキャラなので
それに似たカードを入れられてあります。簡単に説明しますと、


スーパースター :スターダストレヴァリエ
ヴァルキリア  :魔理沙
オネスト    :こーりん
スーパースター3:マスタースパーク

という感じです。

弥生さんのHEROはD-ENDを意識したデッキ。ディパーテッドガイとデビルガイ、
およびD−ENDの除外のサポートを
異次元からの埋葬で維持してバランスよくアドを取っていくデッキです。

二回戦のシルミル。これはモンスター40枚で組まれたデッキです。
侮るなかれ、熟練デュエリスト様は弱いと思われるかもしれません。

そう思われるのならそう思われても構いません。戦った相手がその強さを理解しますし、
どんなデッキでもプレイヤーのマナーがよければ楽しいデュエルができます。

気持ちの持ち方次第でどんな形のデュエルにもなりますが、
戦うのなら気持ちのいい戦いをしたいですね^^


その気持ちを表したのが二戦目のしげさんとバチカンさんの戦い。
勝敗はどうにせよ、見ていて非常に楽しい戦いになりました。
負けて悔しいよりも、やりたいことをそのデュエルに行いそこから勝利を導く。
これが僕たち、効果音に定評組みの信念であり、本質であります。