普通のデュエルをリスペクトしてみた ラスト


●今回の戦いの流れ●
これにてタイトル『普通のデュエル』をリスペクトシリーズはラストになります。

赤紅様のデッキ、バチカン様のデッキ、カレー様、マスター様のデュエル、
非常に楽しませていただいております。
少しですが、感謝の意図が伝われば幸いです^^

さて、それでは今回のデュエルのまとめを書きますね。

今回僕は剣闘獣デッキでお相手しました。大会で結構勝ちあがれたデッキです。

剣闘獣でよくラクエル3枚でのビートダウンをしてくる方を見ます。

私の場合は、ビートダウンが嫌いという面もあり、単純なアドからのヘラクレイノス展開を目指します。
攻撃の邪魔になるのが相手の魔法、罠。

それらを破壊するためにブレイカー、そして魔力カウンターのサポートに見習い、死デッキなどを入れ、
あとは剣闘獣をそれぞれ投入しております。

さて、私の戦いの流れは簡単に言いますとこうなります。

攻撃を通す→ホプロムスを展開→スパルティクスから闘器回収→休息する→スパルからホプロ→休息した闘器を回収

単純にこれでアドが稼げます。

さてここでグラディアルリターンを入れるかどうかになるわけです。

確かにキーカードをサルベージして立て直せるのは、剣闘獣において必要不可欠。
しかしながらここは転生の予言をオススメします。

理由としては相手の効果にチェーン可能、対象を剣闘獣に指定しない。

この二つにあります。
それに加えまして剣闘獣は性質上、墓地に行き難いカード。

序盤にグラディアルリターンが事故になる可能性もあるわけです。

そういった考えから、私は転生の予言×1、グラディアルリターン0にしています。
私の場合は休息からのアドに重点を置き、極力墓地に陶器とスパルティクスを送らない戦術をとっていますので
こちらの方が都合がいいわけです。

新たなるアンダル、ダリウスが登場し、剣闘獣も多彩になってきました。
ヘタレデッキの剣闘獣ですが、皆様のデッキ構築の際に参考になれば幸いです^^

これからも我々は普通のデュエル様、闇のゲーム様を応援しております!!