R 普通のデュエルをリスペクトしてみた part2


普通のデュエルをリスペクトしてみた part2


●今回の戦いの流れ●
これは二作品目になりますね。リスペクトシリーズです。

我々の未熟さで本家の皆様の動画をリスペクトしきれなくて申し訳ありませんTT
皆様のコメントを参考に、より楽しい動画になるように努力します。

今回は私は幻獣デッキでお相手しました。
中々組むのが大変なわりに、環境に合っていないデッキです(笑

基本的な戦い方はロックリザードを常に展開していくこと。
そしてそれまでの援護として、ウィングドライノと底なし流砂でのコンボで相手を
消耗させていきます。

ここで私のコンボをお書きします。

サイバーシャドーガードナー、ウィングドライノ、底なし流砂。
この三枚です。

戦い方は簡単、手札を三枚以上維持した状態でこれらのカードを場に出せばいいのです。
底なし流砂のデメリットは「自分も巻き込まれること、手札4枚以下で破壊」。
この二つです。

これを克服さえすれば毎ターン相手の場に地砕きを飛ばすことになるので、強力です。
そこでウィングドライノとサイバーシャドーガードナーを採用します。

相手ターンで相手が表側でモンスターを出してきた場合、サイバーシャドーガードナーで
回避します。
そして相手がモンスターを裏側で出した場合、サイバーシャドーガードナーを
メインフェイズ終了前に発動します。
すると、その罠の発動によってライノを手札に逃がし、エンドステップでサイバーシャドーガードナー
は裏側にセットされます。その後、底なし流砂によって相手が落ちるわけです。
さらに手札も1枚増え、底なし流砂をサポートします。
しかも裏側に戻るのでまた次のターンも使え、ノーリスクの地砕き、罠回避を行えるようになります。
全然効果の違うカードを組み合わせ、強力なコンボを叩き込む。
これは私の今までのコンボの中で最も最高の出来かもしれません^^